長岡市寺泊の佛光寺派寺院

東山聖徳寺は、1593年(文禄二年)能登国の穴水より寺泊の地に建立した佛光寺派の寺です。創建当時、弘誓寺の僧願念が教如上人より聖徳寺の寺号をたまわり東北開教の命を受け、奥州に向かうも縁あって寺泊の地にとどまったと伝えられています。その際にお供したご本尊、親鸞聖人座像、聖徳太子のご絵像などが二度の火災の被害をまぬがれ現存しており、庭園、初君図、良寛遺墨が長岡市の文化財に指定されています。