長岡市寺泊にある佛光寺派寺院

江戸時代中期に京都の庭師が築いた庭園は、北前航路の千石船が大阪の港から大和の石と京都の庭師を乗せて来て、檀信徒多数の勤労奉仕により築かれたものと言い伝えられています。建物は起伏に富んだ自然の環境をよく生かし、築山、池、瀧、木石等の構造配置に工夫をこらした池泉回遊式の幽邃な庭園です。